かほくさくらんぼ塾について

設立 平成27年2月17日
会員数 24名(内、指導農業士4名、認定農業者24名、青年農業士8名、農業委員8名)
会長 安部英明
設立の経緯 町内農業者の高齢化と担い手不足が進む中、農業後継者の育成や地域農業の活性化を目指し、新規就農者を育てることを目的として設立された
主な活動内容 組織としての目標 就農研修生の受入を通じて農業後継者を育成し、河北町農業の振興と活性化を図る
研修生 平成30年1月現在20代が1名
町の支援 ちぇっと移住体験住宅(3泊以上最大1か月間、移住体験住宅を無料で貸し出し)
新規就農者定住支援事業(最長3年間月額4万円の支援)